画像の上にテキストフレームを配置し、リンク画像のファイル名がわかるようにします。テキストフレームは既存のレイヤー、もしくは新規レイヤーに作成されます。入稿時にアイバンをつけたPDFが必要な向きに有用なツールです。

 

 

オブジェクト同士の大きさをそろえたり、オブジェクトの大きさを「キリのいい数値」に合わせるツールです。「コンピュータなんだから“これと同じ大きさに”といったことくらいできてくれよ」「キリのいい数値でないと作業性が悪い」とお考えの方にお勧めします。

続きを読む: あわせ屋

 

選択したオブジェクトの周辺や、そのオブジェクトを分割するようなガイドラインを引くことができます。

続きを読む: ガイド屋

 

リンク画像を「等倍」で「同じ解像度」に揃え、必要に応じてトリミングするツールです。それらに加え、同時に画像モードの変更も行えます。一連の作業はPhotoshopと自動連携して行われ、Photoshopの「アクション」を利用することができるので、全てに一定のシャープネスをかけるといったことも可能です。

 

 

先割り時の仮テキスト(いわゆる丸玉)を流し込んだり、複数のテキストフレームを一度に連結・解除することができます。仮テキスト機能では、作成する仮テキストは丸玉と四角から選択することができ、10文字目をベタにしたり、囲み数字にすることができます。

続きを読む: もじ屋

 

 「最終出力データを綺麗にまとめて保管しておきたい」。もしくは、それをクライアントから求められることがあります。リネーム屋は、ファイル名をページ名で揃えたり、それをフォルダ分けすることができます。

 

Joomla templates by a4joomla