ウィンドウはnew演算子を使ってWindowオブジェクトを作成します。引数は以下の通りです。

  • 第1引数 windowのタイプ
  • 第2引数 windowのタイトル
  • 第3引数 windowの位置と大きさ(bounds)
  • 第4引数 その他の設定値(オプション)
var testWnd= new Window ('dialog', 'test', [8, 30, 158, 130]);
testWnd.onClose= function() { alert( 'good bye!' ); } //イベントの追加
testWnd.show ();

第3引数は以下のように書くこともできます。

var testWnd= new Window ('dialog', 'test', {x:8, y:30, width:150, height:100});

 

onCloseプロパティにはウィンドウが閉じられるときに行いたいものを関数化して設定します。

new演算子で作成したWindowオブジェクトはshow関数で表示します。

 

第4引数のオプションには以下のようなものがあります。すべてを設定する必要はなく、必要なものだけで構いません。

resizeable リサイズ可能か否か(true/false)
closeButton クローズボタンを表示するか否か(true/false)
maximizeButton 最大化ボタンを表示するか否か(true/false)
minimizeButton 最小化ボタンを表示するか否か(true/false)
borderless 枠なしウィンドウにするか否か(true/false scriptUI ver.4.x以降)

 

var prop= {
	resizeable: true,
	closeButton: true,
	maximizeButton: true,
	minimizeButton: true,
	borderless: false
	};
var testWnd= new Window ('dialog', 'test', [8, 30, 208, 130], prop);
testWnd.onClose= function() { alert( 'good bye!' ); } //イベントの追加
testWnd.show ();

 

 

Joomla templates by a4joomla