日付と時間を取得するにはDateオブジェクトを使います。ただし、そのまま取得できるわけではなく、new演算子でインスタンス化してから取得します。またtoLocaleString関数を使うと、地域に合わせた表記で取得することができます。

var myD= new Date();
$.writeln (myD); //例:Tue Jul 12 2016 16:00:00 GMT+0900
$.writeln (myD.toLocaleString()); //例:火曜日, 7 月 12 2016 16:00:00

 

以下のように年や月を個別に取得することもできます。

var myD= new Date();
$.writeln ( '年 = '+myD.getFullYear() ); //年
$.writeln ( '月 = '+myD.getMonth() ); //月
$.writeln ( '日 = '+myD.getDate() ); //日
$.writeln ( '曜日= '+myD.getDay() ); //曜日
$.writeln ( '時 = '+myD.getHours() ); //時
$.writeln ( '分 = '+myD.getMinutes() ); //分
$.writeln ( '秒 = '+myD.getSeconds() ); //秒
$.writeln ( 'ミリ秒= '+myD.getMilliseconds() ); //ミリ秒

 

なお、曜日は日曜を0(ゼロ)とする数値が返ります。以下の例は、それを日本語表記として取得したい場合の一案です。

var weekStr= '日月火水木金土';
var myD= new Date();
var res= weekStr.charAt(myD.getDay());
$.writeln ( res+'曜日 ' );

 

 

Joomla templates by a4joomla