UIのメニューにある「下のレイヤーと結合」を行う関数は存在しないため、スクリプトで動的にアクションを生成して実行します。

var idMarge= charIDToTypeID('Mrg2');
var actDesc= new ActionDescriptor();
executeAction( idMarge, actDesc, DialogModes.NO );

言うまでもなく、下のレイヤーと結合できる条件が満たされていない場合は実行できません(エラーが発生)。

 

なお、このようにスクリプトで動的にアクションを生成するコードは、ユーザーの動作(=アクション)を記録してスクリプト化する「Scripting Listener」というプラグインを使うと便利です。

参照:アクションをスクリプト化する(Scripting Listener)

Joomla templates by a4joomla