選択範囲にある画像の移動はselectionオブジェクトのtranslate関数を使用します。

Selection.translate (deltaX, deltaY)

 

また、選択範囲に関わらずレイヤーごと移動したい場合はlayerオブジェクトのtranslate関数を使用します。

Layer.translate (deltaX, deltaY) 

 

<引数(共通)

deltaX UnitValue X軸の移動量
deltaY UnitValue Y軸の移動量

 

「deltaX」「deltaY」にはX軸とY軸それぞれの移動量を単位付き文字列(参照:利用できる単位系一覧)で渡します。プラスの値で右または下、マイナスの値で左または上に移動します。なお、単位を省略した場合はルーラの単位で処理されます。

// 選択範囲内の画像を移動する
activeDocument.selection.translate('20mm', '-10mm');
activeDocument.selection.translate(20, -10); // ルーラの単位に依存
// レイヤー内の画像をそのまま移動させる
var layerObj= activeDocument.activeLayer; // アクティブレイヤー
layerObj.translate('50mm', '0mm');
layerObj.translate(50, 0); // ルーラの単位に依存

 

なお、上記の方法以外にもスクリプトからPhotoshopの「自由変形」を実行する方法もあります。

参照:画像の変形(自由変形)

 

 

Joomla templates by a4joomla