// カスタム
function act_custom (scale, offset, matrix) {
    var actDesc= new ActionDescriptor();
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('Scl '), scale ); // スケール
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('Ofst'), offset ); // オフセット
    var mtList= new ActionList();
    $.writeln (matrix.length);
    for (var i=0; i<25; i++) {
        mtList.putInteger( matrix[i] );
    }
    actDesc.putList( charIDToTypeID('Mtrx'), mtList );
    executeAction( charIDToTypeID('Cstm'), actDesc, DialogModes.NO );
}
var m= [];
m= m.concat([0, 0, 0, 0, 0]);
m= m.concat([0, 0, -1, 0, 0]);
m= m.concat([0, -1, 5, -1, 0]);
m= m.concat([0, 0, -1, 0, 0]);
m= m.concat([0, 0, 0, 0, 0]);
act_custom(1, 0, m); // デフォルト値

 

<引数>

scale integer スケール
offset integer オフセット
matrix array マトリックス

 

「matrix」にはダイアログ上にある5×5のマトリックスの値を配列で渡します。

なお、サンプルではわかりやすくするために冗長的なコードになっていますが、実際は以下のようにして構いません。

act_custom(1, 0, [0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, -1, 0, 0, 0, -1, 5, -1, 0, 0, 0, -1, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0]);

 

 

 

Joomla templates by a4joomla