// 押し出し
function act_extrude (type, size, depth, dMode, fill, notAdd) {
    var actDesc= new ActionDescriptor();
    actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('ExtT'), charIDToTypeID('ExtT'), charIDToTypeID('Blks') ); // 種類(ブリック:'Blks' ピラミッド:'Pyrm')
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('ExtS'), 30 ); // サイズ
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('ExtD'), 30 ); // 深さ
    actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('ExtR'), charIDToTypeID('ExtR'), charIDToTypeID('Rndm') ); // 深さ(ランダム:'Rndm' レベルに合わせる:'LvlB')
    actDesc.putBoolean( charIDToTypeID('ExtF'), false ); // 前面をベタ塗り
    actDesc.putBoolean( charIDToTypeID('ExtM'), false ); // 大きさが足りない部分は作成しない
    executeAction( charIDToTypeID('Extr'), actDesc, DialogModes.NO );
}
act_extrude ('Blks', 30, 30, 'Rndm', false, false); // デフォルト値

 

<引数>

type string 種類
ブリック='Blks'
ピラミッド='Pyrm'
size integer サイズ
depth integer 深さ
dMode string 深さのモード
ランダム='Rndm'
レベルに合わせる='LvlB'
fill boolean 前面をベタ塗り
notAdd boolean 大きさが足りない部分は作成しない

 

「type」はダイアログ上の「種類」に対応した文字列を渡します(上記の表参照)。

「dMode」はダイアログ上の「深さ」に対応した文字列を渡します(上記の表参照)。 

 

 

 

Joomla templates by a4joomla