// ぼかし(放射状)
function act_radialBlur (amnt, mode, qlty) {
    var actDesc= new ActionDescriptor();
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('Amnt'), amnt ); // 量
    actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('BlrM'), charIDToTypeID('BlrM'), charIDToTypeID( mode ) ); // 方法(回転:'Spn ' ズーム:'Zm  ' )
    actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('BlrQ'), charIDToTypeID('BlrQ'), charIDToTypeID( qlty ) ); // 画質(低い:'Drft' 標準:'Gd  ' 高い:'Bst ' )
    executeAction( charIDToTypeID('RdlB'), actDesc, DialogModes.NO );
}
act_radialBlur (10, 'Spn ', 'Gd  '); // デフォルト値

 

<引数>

amnt integer
mode string 方法
回転='Spn '(最後にスペースが1つ入ります)
ズーム='Zm  '(最後にスペースが2つ入ります)
qlty string 画質
低い='Drft'
標準='Gd  '(最後にスペースが2つ入ります)
高い='Bst '(最後にスペースが1つ入ります)

 

「mode」はダイアログ上にある「方法」に対応した文字列を渡します(上記の表参照)。

「qlty」はダイアログ上にある「画質」に対応した文字列を渡します(上記の表参照)。

なお、「ぼかしの中心」は指定することはできません(アクションで記録できない)。

 

 

 

Joomla templates by a4joomla