// ぼかし(詳細)
function act_smartBlur (rds, thsh, qlty, mode) {
    var actDesc= new ActionDescriptor();
    actDesc.putDouble( charIDToTypeID('Rds '), rds ); // 半径
    actDesc.putDouble(  charIDToTypeID('Thsh'), thsh ); // しきい値
    actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('SmBQ'), charIDToTypeID('SmBQ'), charIDToTypeID( qlty ) ); // 画質
    actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('SmBM'), charIDToTypeID('SmBM'), charIDToTypeID( mode ) ); // モード
    executeAction( charIDToTypeID('SmrB'), actDesc, DialogModes.NO );
}
act_smartBlur (3.0, 25.0, 'SBQL', 'SBMN'); // デフォルト値

 

<引数>

rds double 半径
thsh double しきい値
qlty string 画質
低='SBQL'
中='SBQM'
高='SBQH'
mode string モード
標準='SBMN'
エッジのみ='SBME'
エッジのオーバーレイ='SBMO'

 

「qlty」はダイアログ上にある「画質」メニューに対応した文字列を渡します(上記の表参照)。

「mode」はダイアログ上にある「モード」メニューに対応した文字列を渡します(上記の表参照)。

 

  

 

 

Joomla templates by a4joomla