// ぼかし(レンズ) 
function act_lensBlur (source, depth, invert, shape, rds, cLevel, rt, hilt, thsh, noise, dist, isGray) {
    var actDesc= new ActionDescriptor();
    if (source) {
        actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('BkDc'), charIDToTypeID('BtDc'), charIDToTypeID( source ) ); // 深度情報
        actDesc.putInteger( charIDToTypeID('BkDp'), depth ); // ぼかしの焦点距離(なし以外)
        actDesc.putBoolean( charIDToTypeID('BkDs'), invert ); // 反転(なし以外)
    }
    actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('BkIs'), charIDToTypeID('BtIs'), charIDToTypeID( shape ) ); // 形状
    actDesc.putDouble( charIDToTypeID('BkIb'), rds ); // 半径
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('BkIc'), cLevel ); // 絞りの円形度
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('BkIr'), rt ); // 回転
    actDesc.putDouble( charIDToTypeID('BkSb'), hilt ); // 明るさ
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('BkSt'), thsh ); // しきい値
    actDesc.putInteger( charIDToTypeID('BkNa'), noise ); // ノイズの量
    actDesc.putEnumerated( charIDToTypeID('BkNt'), charIDToTypeID('BtNt'), charIDToTypeID( dist ) ); // 分布方法
    actDesc.putBoolean( charIDToTypeID('BkNm'), isGray ); // グレースケールノイズ
    executeAction( charIDToTypeID('Bokh'), actDesc, DialogModes.NO );
}
act_lensBlur (undefined, undefined, undefined, 'BeS6', 15.0, 0, 0, 0.0, 255, 0, 'BeNu', false); // デフォルト値

 

<引数>

source string ソース
透明部分='BeCt'
レイヤーマスク='BeCm'
depth integer ぼかしの焦点距離
invert boolean 反転
shape string 形状
三角形='BeS3'
四角形='BeS4'
五角形='BeS5'
六角形='BeS6'
七角形='BeS7'
八角形='BeS8'
rds double 半径
cLevel integer 絞りの円形度
rt integer 回転
hilt double 明るさ
thsh integer しきい値
noise integer ノイズの量
dist string 分布方法
isGray boolean グレースケールノイズ

 

 「source」はダイアログ上にある深度情報メニューの「ソース」に対応する文字列で渡します(上記の表参照)。「なし」の場合は明示的にundefinedを渡します。

「depth」と「invert」は、ともに深度情報のソースがある場合に有効です。「なし」の場合は無視されますので、ダミーの値(undefined)を渡します。

「shape」はダイアログ上にある形状メニューに対応した文字列を渡します(上記の表参照)。

 

    

Joomla templates by a4joomla