ドキュメントの保存はdocumentオブジェクトにあるsave関数を使います。以下の例では、現在最前面で開いているドキュメントを保存しています。

app.activeDocument.save();// ドキュメントを保存する
var docObj= app.activeDocument; //アクティブなドキュメント
docObj.save();

このとき、一度も保存したことがない新規ドキュメントの場合はエラーになります。

よって、基本的にはドキュメントが現在どのような状況にあるかを常に把握し、既存のファイルへ上書き保存する場合はsave関数、新規ドキュメントの場合は「別名で保存」に相当するsaveAs関数と、2つの関数を適宜使い分けることになります。

参考:ドキュメントが保存済みか否かを調べるドキュメントを新規保存する

 

 

Joomla templates by a4joomla