※目的のテキストオブジェクトへのアクセス方法は、段落や行など、目的に合わせた文字列の取得を参照。

※ここではすべてテキストフレームを親オブジェクトとしていますが、ストーリーからも同じ方法でアクセスすることができます。(ストーリーについてはテキスト関連・概要を参照)。

※カラーについてはカラーについて(概要)および、スウォッチについてを参照。

 

カラーはfillColorプロパティを使って取得します。

//取得
var selObj= app.activeDocument.selection[0]; //テキストフレームが選択されているとして...
var chs= selObj.characters.itemByRange(0, 2); //頭の3文字
$.writeln ( chs.fillColor.name ); 

なお、ここで受け取るのはColorTintMixedInkGradientのいずれかのオブジェクトになります。

 

適用する場合も取得する値と同様、Color、Tint、MixedInk、Gradientなどのオブジェクトを渡しますが、Swatcheオブジェクトを渡すことも可能です。

var selObj= app.activeDocument.selection[0]; //テキストフレームが選択されているとして...
var chs= selObj.characters.itemByRange(0, 2); //頭の3文字
var swhObj= app.activeDocument.swatches.item('C=0 M=100 Y=100 K=0'); //Swatcheオブジェクト取得
chs.fillColor= swhObj;

 

Joomla templates by a4joomla