※基本的な作成方法とrectangleに関してはPageItemの作成を参照。

 

グラフィックライン(線)はgraphicLineオブジェクトで作成します。

var prop= {
    strokeColor: app.activeDocument.swatches.itemByName('Black'),
    strokeWeight: '0.5mm'
}
var lineObj= app.activeDocument.graphicLines.add(
    undefined, undefined, undefined, prop);
lineObj.paths.item(0).entirePath = [[20,30],[30,20],[40,30],[50,20],[60,30]];

 

まず、graphicLineオブジェクトにはpathsプロパティがあります。性質上、パスは複数で構成される場合があるため、個々のパスはitemプロパティに配列で記録されています。

グラフィックラインを作成する場合、itemプロパティ内のentirePathオブジェクトに頂点座標を配列で設定します。それぞれの座標は[x, y]で指定します。

 

 

Joomla templates by a4joomla