フレームと内容を合わせるにはfit関数を使います。引数にはFitOptions定数を渡します。

GUI上の挙動と同様、グラフィックフレームとテキストフレームでは適用できるものが違うことに留意してください。

 

以下の例は、グラフィックフレームの内容をフレームに合わせます。

var selObj= app.activeDocument.selection[0]; //リンク画像があるフレームが選択されているとして...
selObj.fit(FitOptions.CONTENT_TO_FRAME); //内容をフレームに合わせる

フレームに内容を合わせる場合は以下のようになります。

var selObj= app.activeDocument.selection[0]; //リンク画像があるフレームが選択されているとして...
selObj.fit(FitOptions.FRAME_TO_CONTENT); //フレームを内容に合わせる

 

その他の合わせかたはFitOptions定数を参照してください。

Joomla templates by a4joomla