オブジェクトをファイルに書き出すには、オブジェクトにあるexportFile関数を使います。引数は以下の通りです。

  • 第1引数 フォーマット(ExportFormat定数
  • 第2引数 保存先(ファイルオブジェクト)
  • 第3引数 オプションのダイアログを出すか否か

 

以下の例は選択したオブジェクトをJPEGで保存するものです。

var selObj= app.activeDocument.selection[0]; //何らかのオブジェクトが選択されているとして...
var fObj= File.saveDialog('保存先を指定してください');
selObj.exportFile(ExportFormat.JPG, fObj, true);

 

 

Joomla templates by a4joomla