Graphicオブジェクトの拡大・縮小率は、水平と垂直それぞれのプロパティに分かれています。さらに、それらは「相対的な値」と「絶対的な値」を示す2種類があります。

  • horizontalScale: 水平スケール(絶対値)。出力時の拡大・縮小率
  • verticalScale: 垂直スケール(絶対値)。水平に同じ
  • absoluteHorizontalScale: 水平スケール(相対値)。親オブジェクト(フレーム)の拡大・縮小率が100%時の値
  • absoluteVerticalScale: 垂直スケール(相対値)。水平に同じ

 

これらを取得するには以下のようにします。

var selObj= app.selection[0].allGraphics;
$.writeln(selObj[0].horizontalScale); //水平スケール(絶対値)
$.writeln(selObj[0].verticalScale); //垂直スケール(絶対値)
$.writeln(selObj[0].absoluteHorizontalScale); //水平スケール(相対値)
$.writeln(selObj[0].absoluteVerticalScale); //垂直スケール(相対値)

 

拡大・縮小率の変更は、これらのプロパティに任意の値を渡します。

var selObj= app.selection[0].allGraphics;
selObj[0].horizontalScale= 100;
selObj[0].verticalScale= 100;
Joomla templates by a4joomla