<段落スタイル>

ドキュメントにある段落スタイルはparagraphStylesプロパティから取得します。

var pStyles= app.activeDocument.paragraphStyles;
for (var i = 0; i< pStyles.length; i++) {
    $.writeln (pStyles[i].name);
}

 

<文字スタイル>

ドキュメントにある文字スタイルはcharacterStylesプロパティから取得します。

var pStyles= app.activeDocument.characterStyles;
for (var i = 0; i< pStyles.length; i++) {
    $.writeln (pStyles[i].name);
}

 

<オブジェクトスタイル>

ドキュメントにあるオブジェクトスタイルはobjectStylesプロパティから取得します。

var pStyles= app.activeDocument.objectStyles;
for (var i = 0; i< pStyles.length; i++) {
    $.writeln (pStyles[i].name);
}

 

<表スタイル>

ドキュメントにある表スタイルはtableStylesプロパティから取得します。

var pStyles= app.activeDocument.tableStyles;
for (var i = 0; i< pStyles.length; i++) {
    $.writeln (pStyles[i].name);
}

 

<セルスタイル>

ドキュメントにあるセルスタイルはcellStylesプロパティから取得します。

var pStyles= app.activeDocument.cellStyles;
for (var i = 0; i< pStyles.length; i++) {
    $.writeln (pStyles[i].name);
}

 

<注意点>

各種スタイルは存在しないものを指定しても、表面上は取得できたことになってしまいます。

var pStyle= app.activeDocument.paragraphStyles.item('キャプション'); //存在しないスタイル
$.writeln (pStyle.constructor.name); //存在しなくてもParagraphStyleとなり、エラーは出ない

このような場合、for文などで配列を総当たり検索するのが確実ですが、存在の有無だけであれば以下のような方法でも確認することができます。

var pStyle= app.activeDocument.paragraphStyles.item('本文');
try {
    if (pStyle.name) { $.writeln ('存在します'); }
} catch (err){
    $.writeln ('存在しません');
}

※参照:try~catchの積極的な使い方

 

 

Joomla templates by a4joomla