フォルダの内容をすべて取得するにはFolderオブジェクトのgetFiles関数を使います。

var fObj= Folder.selectDialog('フォルダを選択');
if (fObj != null) {
    var fList= fObj.getFiles(); //フォルダ内容取得
    var numList= fList.length; //内容の総数
    var cnt, objName, objType;
    for (cnt=0; cnt<numList; cnt++) {
        objName= fList[cnt].name; //オブジェクトの名前
        objType= fList[cnt].constructor.name; //オブジェクトのタイプ
        $.writeln (objName+' :'+objType);
    } 
}

返り値はフォルダに含まれるオブジェクト(FileまたはFolder)の配列です。

 

また、getFiles関数の引数に文字列を渡すことによって、その条件に合ったファイルのみを抽出することが可能です。下の例では末尾に.txtとついたファイルのみ抽出されます。

var fList= fObj.getFiles('*.txt'); //フォルダ内容取得

なお、「*(アスタリスク)」はワイルドカードで、この場合は「~.txt」という意味になります。

 

 

Joomla templates by a4joomla