ファイルをコピーするには、元になるファイルのFileオブジェクトを作成し、copy関数で引数にコピー先のフルパス(ファイル名を含んだパス)を渡します。

var orgObj= new File('~/Desktop/test.txt'); //オリジナルのファイル
if (orgObj.exists == true) {
    orgObj.copy('~/Desktop/test_copy.txt');
}

 

上の例は機能解説のために決め打ち的に処理していますが、実際には「コピー先に重複するファイル名がないか」の確認が必要になります。

var orgObj= new File('~/Desktop/test.txt'); //オリジナルのファイルパス
if (orgObj.exists == true) {
    var copyName= new File('~/Desktop/test_copy.txt'); //コピー先のファイルパス
    if (! copyName.exists) {
        orgObj.copy('~/Desktop/test_copy.txt'); //ファイル名が重複していなければコピー
    } else {
        alert ('すでにあるファイル名です'); //ファイル名が重複していたら警告
    }
} 

 

 

Joomla templates by a4joomla