ファイル、およびフォルダの存在を確認するには、それぞれのオブジェクトにあるexistsプロパティを取得します。存在すればtrue、存在しなければfalseが返ります。

var fObj= File.openDialog('ファイルを選択');
$.writeln(fObj.exists);
var fObj= Folder.selectDialog('フォルダを選択');
$.writeln(fObj.exists);

 

ファイル名、およびフォルダ名は、それぞれのオブジェクトにあるnameプロパティを取得します。

var fObj= File.openDialog('ファイルを選択');
$.writeln(fObj.name);
var fObj= Folder.selectDialog('フォルダを選択');
$.writeln(fObj.name);

 

ファイル、およびフォルダのパスは、それぞれのオブジェクトにあるpath、またはfullNameプロパティを取得します。各プロパティの違いはコメントのとおりです。

var fObj= File.openDialog('ファイルを選択');
$.writeln (fObj.path); //ファイルまでのパス
$.writeln (fObj.fullName); //ファイルも含めたパス
var fObj= Folder.selectDialog('フォルダを選択');
$.writeln (fObj.path); //フォルダまでのパス
$.writeln (fObj.fullName); //フォルダも含めたパス

 

ファイル、およびフォルダの作成日は、それぞれのオブジェクトにあるcreatedプロパティを取得します。

var fObj= File.openDialog('ファイルを選択');
$.writeln (fObj.created);
var fObj= Folder.selectDialog('フォルダを選択');
$.writeln (fObj.created);

 

createdプロパティで取得できるのはDateオブジェクトです。年や月といった個々の情報へアクセスしたい場合は、以下のようにします。ここでは年の情報を取得しています(参照:日付操作)。

var fObj= File.openDialog('ファイルを選択');
var dObj= fObj.created;
$.writeln (dObj.getFullYear());

 

 

Joomla templates by a4joomla