CCアプリケーションにExtensionをインストールする場合、以前までは「Adobe Extension Manager」を使って比較的わかりやすくインストールできたのですが、現在は基本的にエンドユーザーはAdobeが開設している「Add-ons」からしかインストールできない仕様になっています。

しかし、開発段階でのインストールや、部署内など比較的狭い範囲で公開・配布したい場合は、いちいちAdd-onsに登録して……というのは手間がかかって不自由です。

しかし、「ExManCmd」というコマンドラインツールを使うと、Extension Managerと同様のインストールが行えます。

 

<インストール方法>

この作業もパッケージ化と同様、Windowsであれば「コマンドプロンプト」、Macであれば「ターミナル」からコマンドラインで行うことになります。

1.

まず、下記のサイトからExManCmdを環境に合わせてダウンロードします。

ExMan Command Line Tool:https://www.adobeexchange.com/resources/28

2.

ダウンロードしたファイルを解凍すると、Windowsの場合は「ExManCmdWin」というフォルダが出来上がりますので、その中の「ExManCmd.exe」を確認します(ファイルパスも)。

  

3.

コマンドプロンプト(Windows)を起動し、以下のコマンドでインストールを実行します。

<ExManCmd> /install <extension.zxp>

<ExManCmd>はExManCmd.exeへのパスで、extension.zxpはインストールしたいExtensionへのパスです。

例えば以下のようになります(それぞれの項目はスペースで区切ります)。

C:\Users\nakatoji\Desktop\ExManCmdWin\ExManCmd.exe /install C:\Users\nakatoji\Desktop\ntTest.zxp

インストールが成功するとほどなく「successfully」が表示されます。

4.

アプリケーションを起動して確認する前に、念のためコマンドラインで確認します。

<ExManCmd> /list all

<ExManCmd>は先のコマンドと同様でExManCmd.exeへのパスです。例えば以下のようになります(それぞれの項目はスペースで区切ります)。

C:\Users\nakatoji\Desktop\ExManCmdWin\ExManCmd.exe /list all

これまでにインストールされたExtensionの一覧が表示されますので確認します(EnabledならOK)。

 

以上でインストール作業は終了です。一連の流れはこんな感じになります。

 

インストールを確認したら、アプリケーションでも確認します。

 

なお、インストールしたExtensionを削除する場合は以下のコマンドを実行します。

<ExManCmd> /remove <extensionName>

<ExManCmd>は先のコマンドと同様でExManCmd.exeへのパスです。例えば以下のようになります(それぞれの項目はスペースで区切ります)。

C:\Users\nakatoji\Desktop\ExManCmdWin\ExManCmd.exe /remove ntTest

 

ExManCmdはそのほかにもいくつかコマンドがありますので、以下のページも一読しておく方がよいでしょう。

Working from the command line:https://helpx.adobe.com/extension-manager/using/command-line.html 

 

Joomla templates by a4joomla