<Brackets用・CEPパネルUIライブラリ作成中>

CEPパネルのUIはHTML5の技術が流用できるので、Extension開発の敷居を下げてすそ野を広げた……という認識になっていますが、それは「他社や従来のExtension開発に比べて」ということであり、これまでExtendScriptで開発を行っていた人の全員が「簡単にExtensionが作れようになったのか!」とはいきません。

特にDTPに携わっている…特に私のような古い人間…は、なまじ現在まで仕事を続けていられるというのは、Webの仕事になじみがないということにつながっています。そういった流れでExtendScriptの開発をしている人間は、HTMLに疎いばかりか「なんだこのCSSの大雑把な指定方法は」「1ピクセルが合わない」「絶対位置指定が否定されるとは……」などと神経質になりがちで、UI作りで意気消沈してしまうことになります(少なくても私は)。

そこで、その手間を軽減させるため「標準的な見栄えになるようなCSSを作成・公開しよう」と考えていました。それを元に「みなさんも独自のテンプレートを作って開発を進めるのが~」などと締めくくるつもりでしたが、私自身が開発を進めているうちに、そういった方々に公開しても結局敷居の高さはあまり変わらないという思いが募ってきました。

加えて、開発を続けていればCSSやJavaScriptのソースコードも蓄積され、いずれはコピー&ペーストで楽になっていくだろうとも考えていましたが、今まで作っていなかった新規の仕掛けが必要になるたびに、新しいUIのソースコードを書きおろしていると本編に集中できなくなってしまいます。結果、その仕掛けをあきらめようとしたり、それ以外の方法でどうにかならないかなどと、開発者にあるまじきことを考えてしまいます。

よって、その敷居をぐっと下げるため、なにより自分自身のために「Brackets用・CEPパネルUIライブラリ」を作成しました。

しかし。現在その取説ドキュメントの作成を行って "は" いるのですが、何分非力な開発者である私はライブラリの作成で力尽きているような状態です。さすがにバルク品で公開しても意味不明なので、どうしたものかと本業で気を紛らわして(!?)います。

もちろん、マイペースにドキュメントを作成して公開する予定ですが、こちらがいちいち説明しなくても取説ドキュメントが仕上がるような「虫のいい話」があればこちら(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)までご一報ください。公開が早まります:-)

それがどのようなものかは「開発日記」をご参照ださい。

 

2018.02.18に公開済みです(Nakatoji UI ライブラリ)。

 

Joomla templates by a4joomla