メインウィンドウのメニューに追加された「CC Extension Builder」から、「New Creative Cloud Extension」を選択します。

 

Extension名とユニークIDを入力するウィンドウが出てきますので、任意のものを入力します。これらの名称は後から変更できますので、とりあえずそのまま進めて構いません。

 

下のようなアラートが出てくれば「成功した」ということなので、「OK」を押して先へ進みます。

 

これでPlugin開発に必要なファイルがセットされた新規プロジェクトが作成されます。

ここで新規に作成されたテンプレート・プロジェクトは、Pluginとしての体裁が整っており、そのままPhotoshopに読み込ませることができるものになっています。

 

プロジェクトの見た目を確認するには、ウィンドウの右端にある「ライブプレビュー」ボタンを押します。

 

するとデフォルトのWebブラウザが立ち上がり、プロジェクトのHTMLファイルが開きます。開発時はこれで見た目を確認しながら進めることになります。

ただし、ライブプレビューではHTMLの見た目を確認できるに過ぎず、Pluginとしての機能を確認することはできません。また、ウィンドウの大きさ(設定値)も反映されません。

Pluginとしての機能を随時確認するには、デバッグ環境を整えてCCアプリケーションからPluginを起動できるようにしなければなりません(参考:デバッグ環境を整える)。

 

Joomla templates by a4joomla