「BridgeTalk」はAdobeアプリケーション間で相互通信を行う技術です。これを使えば、他のAdobeアプリケーションにファイルを開かせたり、印刷を指示することができます。

また、スクリプトを送信し実行させるだけでなく、その結果を受取ることもできるので、InDesignのリンク画像をPhotoshopで開き、何らかの処理をした後、再びInDesignで読み込むといった処理も実現可能です。

なお、他の通信技術がそうであるようにBridgeTalkでの通信も非同期的に実行されます。つまり、送信側はどのようなタイミングでも受信側の返信を受け入れて処理できるようにしなければなりません。

これがアプリケーション内だけで実行されるスクリプトとは大きく異なる点で、これを制することがBridgeTalkを使いこなすキモになります。

Joomla templates by a4joomla