「設定値」の管理・保存について」もいいんじゃないですかね?

もちろん知っている人は知っているでしょうが、「uneval/eval」を使うと文字列だろうが数値だろうが、性質の違いを気にせず、まとめて書き出し・読み込みができます。

そこで必要になるのが

var pref= {    dummyStr : 'なんとか',    dummyInt : 3,    dummyArr: ['F', 'B', 'I']};

といった、各種変数をまとめてオブジェクト化する技法。

まさに「JavaScriptはすべてオブジェクトである」という本質を表しているんですよね。関数だろうが配列だろうが中身はこれなんです。だから、本来クラスという概念も存在しない(便宜上そう呼称したりしますが)。

これについては別建てで記事を書こうと思っています。