ひっそりと公開しているnakatoji Ui Lib.ですか、実はさらにひっそりと内包している機能があります。

イニシャライズ関数の呼び出し時にcustomFontプロパティを設定すると、カスタムフォントを内包して利用することができます。設定値にはフォントファイルへのパス(プロジェクト内)を文字列で指定します。

customFont:"./font/SourceHanSansJP-Normal.otf"

「OSの違いによる表示の差をなくすために」という目的達成のために加えた機能なのですが、実際のところ自由に内包できそうな日本語フォントはNotoフォントくらいしかなく、ややこしいことにならないよう表向きには伏せてあります。

 

こんなところまで見ていただいた人だけに教える秘密です。